セミナーイメージ
会社案内制作のお役立ちコラム

USEFUL ARTICLES

会社案内制作で失敗しないためのお役立ちコラム
セミオーダープラン

会社案内を作る目的

企業イメージ

「会社案内」と一言でいっても、様々な用途や目的がございますね。

一般的には

  • 営業用のツールとして
  • 企業のブランディングツールとして
  • リクルート用のツールとして
  • 信頼のための名刺代わりとして
  • IR用として etc.

数え上げたらキリがないですが、このように様々な用途があることかと思います。

もちろんその用途によって、会社案内の作り方は大きく変わっていきます。

「会社案内を作成される目的」は何ですか?

営業

漠然とはしていますが、会社案内を作られる目的について考えたことがありますか?

会社案内制作のページでも記載させていただいておりますが、個人を紹介する販促ツール=『名刺』とすると、企業や会社を紹介する販促ツールが会社案内ではないでしょうか。

販促ツールである以上、売り上げ促進を促すウェポン(武器)でなければなりません。

そして本当の意味での最終目的は事業発展や、営業促進など「企業の発展」です。

では「企業の発展」が目的だとすると、会社案内というのはその目標に向かうためのツール、言わば手段ですね。

目的と手段を明確にし、「何のために作るのか?」を しっかり理解したうえで制作に取り組むことによって、本来の目的に適したものになるのではないでしょうか。

「とりあえず作る」という、その「作る」ことを目的としてはいけません。

会社案内は信用のカタチ

営業

他の記事でも書かせていただきましたが、パワーポイントやワードなどのオフィス系のアプリケーションで、自前で会社案内や事業案内を作られている企業がございます。

それらを社内のカラーコピーで出力し、ホチキス留めやクリアファイルへ入れと訪問先へお配りする。

やはり印刷媒体だと予算がそれなりに掛かるせいか、自前での制作が非常に多いのも事実です。

では逆のお客様の立場に立って考えたらいかがでしょうか?

通常のコピー用紙にプリントされた、いかにも素人がデザインしたであろう会社案内。
正直なところ、お相手の企業に対してあまり期待感が高まりません。

記号としての企業の情報を伝えるだけならそれでも良いのかもしれませんが、御社の魅力や期待感を伝えたいのであればそれではなかなか伝わりませんね。

例えばプリンターで自前で作られた手作り感いっぱいの名刺を持った営業マンが訪問してきたら、あなたはどう思いますか?

「ちょっと怪しいな・・・」

「ホントに存在する会社なのかな・・・」

そう思われても仕方ありません。

でも実際は手作り名刺ではなく、手作りの会社案内でも、そう思われている可能性は多分にあるかと思います(目の前のお客さんは「ホントにある会社なの?」なんてハッキリとは言ってくれませんよ)。

最低限の信頼を得るために

営業

今の時代、やはり椅子に腰掛けているだけではなかなか新規の仕事はやってきません。

外へ向かって積極的に新規営業の開拓を行わなければいけない時代へとなってきました。

現在のビジネスにおいて、『名刺』・『会社案内』・『WEBサイト』は、お客様より最低限の信頼を得るために必要な販促ツールではないでしょうか?

時系列としては、

  • まずは『名刺』で初めてのご挨拶を行い
  • 『会社案内』を使って企業の紹介や説明
  • そして後日、お客様に『WEBサイト』を検索していただき、最後の信頼と啓蒙を計る。

これくらいの導線は現代の営業においては最低限必要です。

特に新規のスタートアップ企業は、何も実績がない中での営業活動となります。

まだまだ社会的信用がない分、一歩間違えれば怪しまれて終わる可能性も多分にあります。

スタートアップ企業にもかかわらず、この3つを用意していないなんてハナシになりません。

営業スキルやコミュニケーションの能力ももちろん重要ですが、人力作業だけに頼らず、予算を使うところに使わないと取れる仕事も逃してしまいますね。

会社案内はあくまで目標に向かうためのウェポン(武器)であり、販促を促すための最低限必要な販促ツールです。

関連記事
会社案内だけで受注を取れるのか
起業時に作る初めての会社案内
かっこいい会社案内

  • セミオーダープラン
  • ポケットフォルダー
  • 価格表
  • デザイン制作事例

お問い合わせ