セミナーイメージ
会社案内制作のお役立ちコラム

USEFUL ARTICLES

会社案内制作で失敗しないためのお役立ちコラム
セミオーダープラン

インパクトのある会社案内

アイデアイメージ

「インパクトのある会社案内を作りたいんだけど」

といったご相談を稀にいただきます。

ヒアリングをさせていただくと「とりあえず顧客に出した際にビックリするような目立つ会社案内にしたい」とのことです。

そもそも会社案内を使って顧客をビックリさせる目的とは何なんでしょうか?

インパクトを与える目的と手段

ビックリ

自社のブランディングのためにビックリさせるような遊び心が必要というのは分かります。
ですがその会社は、そのようなビックリさせるような変わった特殊で遊び心のあるような事業や社風を本当にされているのでしょうか。

しかも初見のご挨拶の商談の席で、お相手にインパクトを与えてビックリさせる必要が本当にあるのでしょうか。

予算を豊富に掛け、紙質や加工などで変わった特殊な仕様の会社案内の作成は可能です。

きっと顧客に「へぇ、面白いね~」と言わせるようなことでしたらアイデア次第でいくらでも制作は可能でしょう。

ですが仕様に予算を掛けず「デザイン」のビジュアル面だけでビックリさせるインパクトなんてことは恐らく不可能です。

なぜならビジュアルの好みはそれぞれの感性により異なり、多種多様で正解や一貫性などないからです。

デザインやビジュアルには正解がない

営業対応

受け取る方によってはインパクトのあるデザインと感じても、もう一方の方の感性からすれば地味でありきたりという事も普通にありえます。

やはりインパクトを与えるような特殊な会社案内を作るのであれば、紙質をこだわったり特殊な印刷加工を施したりと物理的な部分での差別化は必須となるため、予算もそれ相応に掛かっていきます。

先にも述べたように、企業のブランドイメージや商品企画の一環として、特殊な仕様で制作されるのはもちろん必要かと思います。

ですが中小企業でわざわざこれを行う必要性はあるのでしょうか。

ましてや予算を掛けずになんてもっての他です。

それでも予算を掛けずに差別化を図るには?

資料請求

本当に差別化を図るのであれば、そういった感性の領域ではなく、やはり物質的な差別化が一番分かりやすいでしょう。

潤沢な予算があれば紙質や材質で差別化を図ることも可能ですが、大手企業でない限りなかなかそういうわけにもいきません。

そこで弊社でご提案させていただいている手法は、サイズを変えるという差別化です。

一般的に、会社案内やパンフレットの基本サイズはA4サイズです。

9割以上がこのサイズではないでしょうか。

そこでこのサイズを変更してしまえば、単純に目立つということです。

例えば正方形だったり、サイズが一回り大きい・小さいなど。

所謂、定型外の形で制作をしてみてはいかがでしょうか。

過去にA4より数ミリだけ大きくし、並んだ際に若干ハミ出るサイズというのもお作りさせていただいたこともあります。

サイズを変えるだけであれば予算もほとんど変わらず、他社と比べた際に印象に残ったり、目立つことが出来るのではないでしょうか。

ただ顧客に持ち帰ってもらうことも考えると、あまりにも大きすぎて邪魔になって捨てられてしまったり、小さすぎてどこかに紛れてしまうということもあるのでご注意くださいね。

会社案内の目的とは

そもそも会社案内の目的は自社の紹介を行う事であって、ビックリさせるインパクトを与える事ではありません。

他の記事でも書かせていただきましたが、やはり会社案内はビジュアル先行ではなく、しっかりと内容と導線を考えて作成されることをお勧めします。

取引先にインパクトを残すのは、会社案内というツールで行うのではなく、企業のサービス内容やしっかりとした顧客対応で気持ちの良いインパクトを残すべきですね。

関連記事
かっこいい会社案内
会社案内の表紙デザイン
インパクトのある名刺

  • セミオーダープラン
  • ポケットフォルダー
  • 価格表
  • デザイン制作事例

お問い合わせ