セミオーダープラン
  1. ホーム
  2. 会社案内制作のお役立ちコラム
  3. 企業のブランディングの重要性
更新日:2021年9月2日

企業のブランディングの重要性

ブランディング

御社は自社のブランディングに対してどこまで真剣に取り組まれているでしょうか?

企業にとってのブランディングとは言わば顧客に対する「約束」です。
企業として変わらぬ価値とサービスの提供を約束する印のようなものかもしれません。

大手企業は自社やサービスのブランド構築に対して細心の注意を払います。 ブランドマネージャーと言われる、ブランドの価値向上や管理を行う役職もあるほどです。そしてロゴの使用ひとつとっても非常にデリケートに扱います。

では中小企業にブランディングは必要ないのでしょうか?
これからの時代、そんなことはありません。

むしろ中小企業だからこそできるコーポレートブランディングもあることでしょう。

企業の価値を高めるコーポレートブランディング

握手

日本で唯一の「ブランド・マネージャー」を養成する専門機関でもあるブランドマネージャー認定協会のサイトでも、ブランド戦略の重要性について「価格競争に巻き込まれずに少しでも高く、少しでも多く、商品やサービスをお客様に買っていただくことで、長期的に経営を安定させていくため」と説明されています(出典:一般財団法人ブランドマネージャー認定協会HP「ブランド戦略とは?」)。

企業のブランド構築を行うことにより、企業イメージの向上はもちろん、顧客に対する認知の向上や競合との差別化へと繋がり、企業価値の拡大へと繋がっていきます。

競合他社との価格競争からの脱却や、新規開拓のハードルが下がるなど、様々な恩恵を受けることでしょう。

コーポレートブランディングの構築は、今や大手・中小企業問わず、企業にとって非常に重要な要素と言えます。

販促ツールのデザインは統一されているでしょうか?

デザインの違いの確認

単純なところでいえば、例えば名刺と会社案内のデザインが異なっていたり、WEBサイトとパンフレットで掲げている内容が違っていたり…。
そんな状況では企業として一本筋の通った認知はまだまだ程遠いことでしょう。

ロゴの有無やコーポレートカラーはもちろん、トーン&マナーや企業の与えるイメージも含めて「コーポレート・アイデンティティ」をしっかりと企業の一貫した変わらぬ個性を構築していかなければなりません。

少なくとも企業の制作物のイメージの統一は最低限必要不可欠ですね。

下記は弊社で過去に手掛けたブランディングの構築に向けたデザイン制作事例です。

過去の制作事例(ケース 1)

  • ロゴ1
  • パンフレット
  • 名刺・DM
  • 封筒

過去の制作事例(ケース 2)

  • ロゴ2
  • 名刺・会社案内
  • 会社案内

株式会社リアクトでは会社案内の制作だけに留まらず、コーポレートブランディングの構築に向けたトータルデザインも積極的に行っております。

ぜひお気軽にご相談ください。

関連記事
会社案内とブランディング
インパクトのある名刺
ポケットフォルダーで作る会社案内

  • セミオーダープラン
  • ポケットフォルダー
  • 価格表
  • デザイン制作事例

お問い合わせ